キャッシングは総量規制による限度額に注意を

キャッシングは手続きも難しくはなく、原則として当日中の融資が受けられる消費者にとってはとても便利なサービスです。キャッシングならば短時間ですぐにお金を借りられるので、ある日突然予想していないかった出費があったような場合でもお金を工面するためにあちらこちらを駆けずり回らずに済みます。

急にお金が必要になったときには最寄りの消費者金融に足を運べば、その日のうちに必要になった金額を用立てることができるのです。ただし、キャッシングには法律で定められている総量規制という限度額に関してのルールがあります。

この総量規制というルールの目的はお金を借りすぎたことによる多重債務や自己破産などの悲惨な事態から消費者を保護する点にあります。つまり、総量規制という限度額を法律によって定めることで、消費者は自分の収入に見合っていない無茶な借金をすることができないようにしているのです。

そのため、キャッシングでは消費者は自分の年収の三分の一までという金額が最大の限度額となっています。それ以上の金額については消費者金融やクレジット会社などの貸金業と呼ばれる業者からは借りることができません。

その点に関しては消費者があらかじめ理解をしていないと、いざキャッシングを利用してお金を借りようというときに、総量規制に引っかかってしまい自分の希望する金額を借りられないと慌てることになってしまいます。