キャッシングの審査項目や基準について

キャッシングの利用には必ず審査が行われるものですが、審査と聞くと自分は受かるのかと不安に思ってしまうことでしょう。事前に審査項目が把握できればその不安も軽減できるものですね。

キャッシングの審査項目というのは業者によっても異なりますが、基本的な情報を見ることは変わりません。例えば氏名や生年月日などで、住所や持ち家なのか賃貸なのかと家の種類など細かく聞かれる場合もあります。

さらに年収や勤務先、正社員なのかアルバイトなのかといったような雇用形態や勤続年数、そして他のキャッシング会社からの借入の有無などなどが必須となることが基本です。年収など少し色を付けたくなりますが、嘘をつくとそれだけで信頼がなくなってしまうため、収入が少ないと不利になるのでは、正社員のほうが良いのではと思っても虚偽の記載をしてしまうことは避けましょう。

キャッシングの審査基準は非公開となっているため、どの程度ならば必ず借入が可能といった指標はありません。しかし基本的には安定した収入があれば良いとしていることが多いため、パートやアルバイトでも借入可能としている会社も多い傾向にあります。

フリーランスや個人事業主など時期によって収入が左右される場合にはそれらを考慮してくれる会社もありますので、それだけで審査に通らないということはありません。迷った際にはまずキャッシング会社に相談してみるのが良いでしょう。