キャッシングと質屋の利息のつき方の違い

利息というのは、お金を借りるときにつき物ですし、キャッシングでも質屋での借入でも俺は同じです。

両方とも、同じように金利計算がされていると考えると思いますが、キャッシングと質屋の利息のつき方というのは、実は異なる金利計算方法をしているのであります。

キャッシングは年間でかかる利息を日割計算で行うものであり、返済するまでの間、利息分はその日その日でしっかりとかかります。

質屋さんというのはキャッシングと違って1月分の利息というのが日割り計算ではなく借りたその日から一気にかかります。

その後は、借り手から1月が経過するごとにまたその月の分金利がついてくるという仕組みになっています。

つまり、質屋の場合には今日質入したとして、明日にすぐ返済が出来たとしても、1月分の金利がかかるということになるのです。

また、1月以内に返済しないとまた金利がかかるという風になっているのです。

金利のつき方を見ると、あまりにすばやくお金を返済するというのもなかなか金利負担面で質屋は損しているといえるのです。

キャッシングと質屋はこのあたりに差がありますので、質屋の借入金を返済をするときには、必ず返済する日にちを注意しながら行いましょう。