無人契約機の中とはどんな風になっている?

無人契約機の中というのは意外にあっさりとしているものです。

基本的にはそれほど大きくない空間(2畳から3畳くらい)に、自動契約機と電話が置いてあるといったところが基本的です。

(消費者金融によってはもっと狭いこともあります。)

ATMの前には、椅子が一つありそこで座りながら契約を進めていく感じで、その他には書類を読み込むスキャナがあります。

壁の色は白色一色で染められているようなことが多く、基本的にはシンプルな作りです。

中に勿論人はいませんが、わからないことがあればそばにある電話で対応ができるようになっています。

基本的に狭くて圧迫感はあるかもしれませんが、一人しか中に入れないようになっていますので、プライバシーには十分に配慮されており、緊張感は和らぐと思います。