キャッシングの審査と勤務先の電話番号

キャッシングの審査で欠かせないのが、在籍確認です。そのため、申込みの時には勤務先の名称だけでなく電話番号の記入も求められます。存在しない勤務先や嘘の電話番号を記載すると審査落ちの原因となるため、申告は正直に行うことが大切です。

勤務先に複数の電話番号がある場合は、代表番号と実際に勤務をしている部署の番号の両方を書いておく方が良いでしょう。社員数が多い企業の場合、代表番号に電話をすると必要な部署に電話を回して貰うなど、何かと手間がかかります。

部署の電話番号も記載しておけば、こうした手間が省けるため、スムーズに審査が進みます。そのため、複数の電話番号がある場合は、メインとなる番号の他に働いている場所に直接通じる番号も書いておく方が良いでしょう。