キャッシングの返済はきちんと行いましょう

キャッシングは限度額の範囲であればコンビニや郵便局のATMで簡単にお金を借りることができます。簡単に利用できてしまうためついつい借り過ぎてしまうことがあります。使いすぎて返済が遅れるといろいろな不利益を被ることになるので注意が必要です。返済が何か月にも渡って遅れると信用情報機関に返済が遅れていることが記録されます。

この記録はクレジットカードやローンの審査の際に使われるもので、返済が遅れているという記録があると心象を悪くしてしまいます。あまりにも返済が遅れると限度額の引き下げや利用停止というペナルティを科せられることがあります。

期日通りに返済をするのが一番ですが、万が一どうしても返済が間に合わないときは電話で連絡をします。数日で支払いができる場合は信用情報機関に記録を残さずに処理してもらえることが多いです。立て続けに返済が遅れなければ大丈夫です。

また、月々の返済額が大きくなりすぎた場合は返済プランを見直してくれることがあります。これらの方法を使っても返済ができないときは、債務整理をしなければならなくなりますので、借り入れと返済は計画的に行わなければいけません。債務整理をすると一定期間銀行などの金融機関からお金を借りることができなくなります。また、クレジットカードの新規作成と更新もできなくなります。