キャッシング申込み時に慌てないために

初めてキャッシング申込みをする場合、何が必要かどうか分からない事も多いかと思います。

すぐに、キャッシングをしたいと言う場合はキャッシング申込みの前に、きちんと必要な書類を把握しておく必要があります。

キャッシング申込み時に必要な書類は、どこの金融会社もあまり変わりません。

まず、本人を確認するための証明書は必須となります。 

本人確認がなければ、安全な取引は不可能ですしキャッシングによるトラブルも増加しますから当然の事ですね。

この本人確認のためには、免許証や保険証またパスポートなどの写しが必要となります。

保険証の場合は、表だけではなく住所の記載されている裏面の写しも必要です。

保険証の場合は、裏面の写しを忘れがちなので注意してください。

また、これらの証明書に記載されている住所が、現在の住所と異なる場合は、別の書類も併せて用意する必要があります。

現住所あての公共料金のハガキなどがこれにあたります。

出来ることなら、引っ越しなどで住所が変わった場合には、免許証などの住所はすぐに変更しておく方が良いでしょう。

次に必要となってくるのが、収入を証明する書類です。

所得証明書、源泉徴収票、2か月分の給与明細、確定申告書などが適しています。

しかし、キャッシングする金額によっては、この収入証明書は必要ないことも多いので、自分の借り入れしたい額と照らし合わせよく確認しておく必要があるでしょう。 

このように、事前にキャッシング申込みの際に必要なものが分かっていれば、余裕を持って申込みをすることが出来ますね。